PA-3ヨーグルトがプリン体に効果

PA-3ヨーグルトは明治の機能性ヨーグルト

明治から販売されている

 

PA-3ヨーグルトの効果

 

を紹介します。

 

 

PA-3ヨーグルトはパッケージが黄色のプロビオヨーグルトですね。
明治がいうところの「機能性ヨーグルト」の1つです。

 

 

明治はPA-3プロビオヨーグルトの前に

  • LG21ヨーグルト
  • R-1ヨーグルト

この2つを出していました。

 

PA-3ヨーグルトは3つ目の機能性ヨーグルトとなります。

 

 

 

 

PA-3乳酸菌はプリン体に有効な乳酸菌

PA-3ヨーグルトにはその名のとおりPA-3乳酸菌が配合されていて

 

プリン体に効果がある

 

とされています。

 

 

プリン体自体は別に危険なものではないのですが

 

プリン体を過剰摂取すると痛風の原因になる

 

とされています。
よくテレビでは、痛風になるとハンマーで殴られたような痛みがあると言って、視聴者をびびらせてくれます。

 

 

なのでプリン体を配合しているビールを飲みすぎると、プリン体を過剰摂取になってしまい痛風の危険があります。
その影響かプリン体0のビールなんかが最近はでてきていますね。

 

 

 

ビールが痛風に悪いのは、プリン体の影響だけではなく尿酸値が高くなることが原因だといわれているね。

 

用はビールを毎日飲みすぎる人が多いから、ビールが痛風の原因としてよくあがっているのだろうね。大事なのは生活習慣を整えることだといわれているよ。
暴飲暴食には注意しよう。


 

このPA-3ヨーグルトは、乳酸菌がプリン体を有効利用して、さらにPA-3乳酸菌が増える効果があります。
PA-3乳酸菌は体にあるプリン体によって、さらなる高い効果を発揮する乳酸菌といえます。

 

 

先ほどもいいましたけど、プリン体というのは体にあって当然のものなんです。
納豆にもプリン体は配合されていますし。

 

でもそれが過剰摂取になると痛風を引き起こしたりするので、プリン体は絶対的に危険なものでもないのでそこは注意してください。
どんなものも過剰摂取をすると体に悪いということなんです。

 

 

プリン体を配合した食べ物や飲み物はビール以外にもあります。
でも、ビールのプリン体が注目を集めるのは、ビールを飲みすぎたり毎日飲んだりする人がいる点もあるのだと思います。

 

どうしてもアルコール系になると、飲みすぎてしまう人がいますからね。
飲むのが趣味だっていう人も多いです。

 

自分の周りでも、姉やらいとこがよく酒を飲んでいい気分になっています。
「酒が人生の中で一番の楽しみ」
そんなことをいう人もいますから、そういう人になるとビールを飲みすぎてプリン体を過剰摂取してしまうのだと思います。

 

 

 

 

 

PA-3ヨーグルトの種類

PA-3ヨーグルトには

  • ヨーグルトタイプ
  • ドリンクタイプ

この2つがあります。

 

 

R-1ヨーグルトLG21ヨーグルトと間違えそうなパッケージをしていますが、パッケージに

 

プリン体と戦う乳酸菌

 

と書かれているので、間違えることは少ないでしょう。
「プリン体と戦う」と書いて薬事法にひっかかりそうですが、プリン体は病気名ではありませんし、絶対に悪いものでもないので、こういった表現ができるのかもしれません。

 

「戦う」という表現も曖昧なところがありますからね。

 

 

他の機能性ヨーグルトには、先ほども名前をあげましたけど

  • R-1ヨーグルト
  • LG21ヨーグルト

この2つがあります。

 

 

 

R-1ヨーグルトは免疫力を高める効果があります。
特にインフルエンザに有効な点で注目を集めました。

 

LG21乳酸菌は乳酸菌が胃に付着しやすい特徴を持っていて、胃に有効な乳酸菌です。
特にピロリ菌に対する効果が注目を集めています。

【PA-3ヨーグルト】プリン体に効果!PA-3乳酸菌配合記事一覧

PA-3ヨーグルトはプリン体へ効果がある乳酸菌配合

PA-3ヨーグルトに配合されているPA-3乳酸菌はプリン体に効果がある乳酸菌だとされています。どのようにプリン体に有効なのかというと、まずプリン体にもいろいろ種類があるのですが体に吸収されやすいヌクレオシドをプリン塩基に変えるという効果があります。体に吸収されやすいタイプのプリン体を、体に吸収されに...

≫続きを読む